1. News
  2. information
  3. お店のオープン宣伝チラシをデザインするときのポイント

お店のオープン宣伝チラシをデザインするときのポイント

Category: information ブログ

飲食店やヘアサロンなど、お店を開業するときは、オープンしたことを知らせる宣伝用のチラシを作成して、できるだけ多くのお客様に来ていただくことが理想です。では、集客効果の高いチラシを作るためには、どうしたら良いのでしょうか。今回は、お店のオープンを宣伝するチラシをデザインするときに知っておきたいポイントを、詳しく解説します。

あなたの店舗の『売り』は何ですか?

競争の激しい飲食業界。他店にはない、自分の店舗の魅力をピックアップして伝えることはできるでしょうか?チラシ、フライヤーを作製する前に、自店の持つ魅力をいくつか考え、そこに焦点を絞って、主に載せるアピールポイントを考えましょう。

ターゲット層を絞りましょう

次に、お店に来ると思われる、ターゲット層を明確にしていきます。例えば、人数、性別、人気メニューなどから、主な顧客が、サラリーマンであったり、カップルであったり、家族連れであるなどの特徴を割り出します。
新規オープン時も、自分の店に来てほしい客層、性別、趣味などを具体的に設定しておきます。

そしてターゲットに向けたデザインについて、店側とチラシやフライヤーの制作者の間で、きちんと打ち合わせをしておくとよいでしょう。

チラシ・フライヤーのデザインについて

まず、新規店舗の場合、載せるべき情報は、店がオープンする日、住所、電話番号、営業時間、地図などです。特に新しい店の場合は、顧客がそれを見て店に来られるように、地図は大きめに載せましょう。

ただし情報は載せすぎると、インパクトに欠け、見る人の印象に残りづらくなってしまいます。チラシ、フライヤーの用途に合わせ、載せる情報の優先順位をあげ、必要のないものはなるべくカットします。一番アピールしたい情報(値段、店の雰囲気、メニュー)を、ドンと目立たせると、印象的なものに仕上がります。

また飲食店の場合、メインメニューの写真を大きく載せるのが効果的です。見た目が美味しそうかどうかが重要になってくるため、思わず食べたいと思われるような写真を選びましょう。
新規開店の際は、オープン記念セールの告知やクーポンを載せるのも効果的です。クーポンを載せることにより、集客率が高まります。ただし、その後もクーポンを載せすぎると、クーポンのついていないときは、顧客が来なくなってしまう可能性があるので、注意が必要です。

次にデザインの配置の仕方ですが、基本的には、左上にメインの写真を載せ、価格などを表示したキャッチコピーを入れます。そして右下には、インパクトを狙った文章や、写真、地図などを載せます。色を使いすぎるとゴチャゴチャした感じになってしまうので、基本の色は3色程度に収めましょう。

水間印刷所ではお店オープン時のチラシだけでなく、ショップカードやメニュー表のデザイン・印刷を承っております。
是非お気軽にご相談ください!